糖尿病の食事は大変【摂取量を考えていてもおいしい食事が食べたい】

医者

毎日の栄養管理の為に

糖尿病には食事管理

女性

近年食生活の欧米化などが叫ばれており、それに比例して生活習慣病が増加の傾向にあります。生活習慣病にはいろいろな病がありますがポピュラーなのは糖尿病です。糖尿病はその多くが食事や間食から糖分を過剰摂取する状況が長く続き、血液中の血糖値が上昇してしまい、それが要因で様々な症状やほかの病気を誘発してしまう病です。大体、中年以降に症状が現れて診断されるケースが多く、高齢になればなるほど患者数も増える傾向にありますが、中には先天的に糖尿病を患い一生かけてインスリンの投与や食事管理などでコントロールしている人も少なくありません。糖尿病で大切なのは、定期的な通院による検査や投薬の他、普段の食事栄養管理です。近年では増加する糖尿病患者数に比例するように、様々な配食サービスの中に糖尿病食の宅配サービスを実施する業者も増え、それらを定期的に利用する人も増えています。

綿密に計算された食事

糖尿病は日々の血糖値を上手くコントロールし、肥満を解消し適正体重を維持することで症状の悪化を食い止めることが出来る病です。このためには、適切な栄養分の食事を日々バランスよく摂ることは必須です。糖尿病食は主に糖分を制限した食事ですが、他にも様々な栄養バランスを考えなくてはならず、家庭でそれらの栄養価を計算しながら食材を選び調理する事は容易ではありません。その点宅配サービスの糖尿病食は、栄養士の手で綿密に計算された栄養価に基づいた献立が毎食提供されるので、バランスよく食事が取れて、自分で計算する手間も省けます。また、特に高齢で糖尿病食が必要な方には調理済みの物を自宅まで宅配してくれることは大変便利であるだけでなく、独居の方などは宅配により安否確認の機会にもなるなどの利点もあります。もちろん、こういった食事だけに頼らず、適度な運動や規則正しい生活を心がけるなども必須です。